You are here: ホーム / X Window System

X Window System

カテゴリ:
ソフトウェア
読み:
エックスウィンドウシステム
英語:
X Window System
説明:
さまざまなOS上でGUIなどを実現するウィンドウシステムの一種。 X Window Systemは、1984年にMITのアテナプロジェクトで、ハードウェアに依存しないグラフィックスシステムとして開発された。当初は「X」と呼ばれており、のちにこれをX1と呼んだ。これは、その前身にあたるウィンドウシステムが「W」と呼ばれていたため、アルファベットの次の文字で「X」としたためである。 1986年に公開されたX10R3(X Window System Ver.10 Release 3)から、UNIXワークステーションなどに搭載されはじめた。しかし、現在広く使われているX11との互換性はない。X11R2からは、X Consortiumが開発/リリースを行い、これを搭載するメーカーなどがConsortiumに参加した。 X Window Systemの特徴は、グラフィックスの描画を実際に行うサーバーと、描画を指示するクライアントに別れており、ネットワークを介しての表示が可能な点。アーキテクチャに依存しないように作られており、サーバーとクライアントが別アーキテクチャのマシンであってもかまわない。
関連見出し:
XFree86 X.org
関連URL:
X.Org Foundation(http://www.x.org/)
用語集リストへ:  >> 戻る