You are here: ホーム / qa-linux-5
カテゴリ:
Linux
質問:
LinuxとFreeBSDは何が違うのでしょうか?
回答:
UNIX風のフリーOSであるということを除き、ライセンスや配布形態、歴史などほぼすべてが違っています。 ライセンスでは、Linuxカーネルが制限付きGPLを採用するのに対し、FreeBSDは修正BSDライセンスを採用しています。両者の最大の違いは、派生品を配布する場合にソース・コードを開示する必要があるかどうかです。修正BSDライセンスでは、派生物のソース・コードを開示する必要はありません。 また、Linuxでは基本的にカーネルだけを開発するのに対し、FreeBSDではOSのカーネル以外の部分もFreeBSDプロジェクトが開発・配布します。そのため、ディストリビューションによる違いがありません。 歴史では、Linuxがゼロから開発されたのに対し、FreeBSDは、カリフォルニア大学バークレイ校で開発されたUNIX(BSD UNIX)をベースに作成されているという違いがあります。そのため、Linuxとは違って開発当初から実用性の高いOS環境を提供していました。なお、当初は、4.3BSD-Lite(Net/2)というバージョンを基に作成されていましたが、同バージョンに知的所有権上の問題があることが分かり、現在では、この問題を解消した4.4BSD-Liteを基に開発されています。
FAQリストへ:  >> 戻る