You are here: ホーム / qa-ipr-7
カテゴリ:
知的財産権
質問:
GNU GPLとGNU LGPLの違いは何ですか?
回答:
LGPLは、「GNU劣等一般利用許諾契約」と訳されることがありますが、ライセンスの前文では、“Lesserという単語は、ユーザーの「自由」を守る範囲がより少ないことを意味する”という趣旨の記述があり、「Lesser」には「限定」という意味も含まれていることに留意すると理解しやすいでしょう。 GPLでは、このライセンスが適用されたソフトウェアから派生する著作物(派生物)にもGPLが適用され、ソースコード開示などの義務が生ずることになっています。ところが、この条項をライブラリのような、ほかのプログラムから利用されるソフトウェアにまで拡大して適用すると、ライブラリを利用するだけのソフトウェアにまでGPLを適用しなければならず、たとえば独自のノウハウを含んだ商用ソフトウェアの作成に、GPLのライブラリを利用するのが難しくなってしまいます。 LGPLでは、ライブラリを呼び出したり、リンクしたりして利用するソフトウェアについては、基本的には同じ条件(LGPL)での配布を推奨するものの、一定の条件を満たせば、LGPL以外のライセンスによる再配布を認めるようになってます。これにより、ユーザーの自由は限定されることになりますが、商用ソフトウェアでもフリーのライブラリが利用しやすくなります。 ほかのライセンスの適用が認められる条件とは、顧客が自分の用途に適応させるための改変を認めること、リバースエンジニアリングを認めることなどです。これらは、著作権法では認められているのに、商用ソフトウェアの利用許諾契約の多くで禁止されている項目です。
FAQリストへ:  >> 戻る