You are here: ホーム / qa-ipr-4
カテゴリ:
知的財産権
質問:
OSIがオープンソースライセンスを認定しているのはなぜですか?
回答:
オープンソースの概念は、だれか一人あるいは一つの団体あるいはコミュニティが決めたものではなく、これまでに作られてきたさまざまなソフトウェアやそのコミュニティのうちで、ソースコードの公開と利用の自由を宣言してきたものから、いわば最大公約数的に発生してきたものと考えることができます。 OSIが定義するオープンソースライセンスの必須条項は、このようなオープンソースコミュニティのひとつであるdebianプロジェクトから生まれたひな形を元に、複数のオープンソースコミュニティを交えた議論を経て策定されたものです。このような経緯から、OSDの定義がオープンソースの定義であるとの共通認識が得られるようになりました。 オープンソースという言葉がよく使われるようになってから、単にソースコードを公開しているだけで「オープンソースソフトウェアである」と自称するケースが目につくようになりました。このような誤用を是正することを目的として、 OSIが審査して認定したライセンスには「OSI認証」マークを使用して一般の利用者にも識別できるようにしています。
FAQリストへ:  >> 戻る