You are here: ホーム / qa-ipr-3
カテゴリ:
知的財産権
質問:
オープンソースソフトウェアは、著作権者に無断で使ってもいいですか?
回答:
市販の商業アプリケーションソフトの大半は、利用許諾契約に同意してユーザー登録をしないと、インストールや継続的な利用ができないようになっています。オープンソースソフトウェアにも、インストール時に利用許諾契約に同意しないとインストールを続行できないものも少なくありませんが、ユーザー登録を行うことで、著作権者に対して明示的に許諾を求めるケースはほとんどありません。 このような意味では、オープンソースソフトウェアは著作権者に無断で使ってもかまわないことになります。ただし、そのソフトウェアの利用許諾契約の中に、特定の利用方法について著作権者の同意が必要とされている項目があれば、それに従って所定の手続きをする必要があります。 OSIのオープンソースライセンスの基準では、利用目的による差別の禁止という項目があるため、OSI認定のライセンスを採用したオープンソースソフトウェアでは上のような手続きが必要になることはないと思われますが、念のために、ライセンスの条文を確認しておいたほうがよいでしょう。
FAQリストへ:  >> 戻る